スポーツの膝痛を予防するために必要なこと


“スポーツによる膝痛の原因は様々ですが、ちょっとしたことに気をつけるだけで膝痛を予防・緩和することができます。まずはしっかりとウォーミングアップをすることです。

スポーツをする前には必ず軽いストレッチやジョギングを行い、体を温めるようにしましょう。血行がよくなりほぐれた筋肉は、何もしないよりも衝撃の吸収力が高まります。関節の動きもスムーズになりますから、スポーツ時の怪我や痛みを起こしにくくなります。

スポーツ後にはしっかりとクールダウンさせることも大切です。クールダウンを行わないと、運動によって発生した疲労物質が筋肉内に残ってしまい、筋肉が硬くなり、炎症を起こしてしまうことがあるのです。

膝痛を予防するには、正しいクールダウンを毎回行うことを忘れてはいけません。また、スポーツ中はこまめに休憩をいれ、無理に長時間続けることは避けましょう。スポーツ後はしっかりと休息をし、睡眠もたっぷりと取り、体を回復させることが大切です。

膝痛を起こさないよう、膝周辺の筋力トレーニングを行うのもおすすめです。筋力を鍛えることで、膝への負担が軽減されますから、軽いトレーニングから始めてみましょう。スポーツの中でも山登りに限定するのであればこのサイトや役立つと思います。

楽しいハイキングを味わうために知っておきたい膝痛予防策
健康ブームの中、中高年の方達の間でハイキング人気が高まっています。

自然の風景、美味しい空気を味わい、心豊かに帰ってきたのに後日膝痛に悩まされ病院通い、そんな事にならないように何点か膝痛予防策を紹介したいと思います。ハイキングは日常歩いている平地と比べて膝に負担を感じる事が多々あります。特にハイキング初心者はどの位で歩けば良いかがわからないため、最初に早めのペースで歩いてしまいます。

その結果膝痛を起こしてしまうので、体が温まるまで小幅で足の裏全体で着地するようにゆっくり歩き、徐々にペースを上げていくようにしましょう。そして特に気をつけて欲しいのが下山です。下山は下りなので知らず知らずに歩幅が広くなりスピードも上がってくるので、慎重に歩かないと膝を痛めやすくなります。

全体重を膝が受け止める状態なので、意識的に体重を後ろに乗せ、膝のクッションを生かすように軽く膝を曲げながら歩く事をオススメします。また、ハイキング当日だけではなく普段からお尻から太もも、ふくらはぎを鍛えるハーフスクワットを10回程度行ったり、階段などを使い両足のかかとの上げ下げをして持久力と筋力をつけておく事も膝痛の予防になります。

その他には自分の足に合った靴、専用の膝サポーターなど道具も上手に使うと良いでしょう。ハイキング中に痛みが出た場合は悪化させないために休憩をするなど身体の声に耳を澄ませ、無理なくハイキングの醍醐味を味わって下さい。